放送局の裏の裏。



よくあるけど、やってはならないミス

Excite エキサイト : みのもんた失言でスポンサーが降板!

やってしまった。
たまにあるんだけど、民放としてやってはならないミス。
この記事では、
番組関係者は「スポンサーは曜日ごとに日替わりのケースもあり、
提供会社を失念した上でのミスではないか」と話している。


とあるが、
たとえその日のスポンサーでなくても、
番組スポンサーを落とす発言をすれば同じことだ。
この番組関係者の発言は、
外に対してみの氏を守るためだけのものだろう。

そういえばうちの番組でも同じようなことが過去にあった。
出演者が、あるスポンサーの同業他社を褒める発言をしたのだ。
褒めるのが何が悪いの?と思われるかもしれないが、
同業他社を褒めてそこの売り上げが伸びると、
そのスポンサーは客を食われることになる。
相対的にそのスポンサーを落としめることになるのだ。

そのときはスポンサーが降りるまではいかなかったが、
営業部長が謝りに行ってなんとか治まった。
スポンサーはそれほど敏感で、シビアに広告を出しているのだ。
その感覚を欠いた今回の発言は、
取り返しのつかないミスとしか言いようがない。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-06-23 11:57 | ラジオ
<< テレビ画面はウソつきです ブラジル戦は脅威の視聴率 >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧