放送局の裏の裏。



長嶋復帰を利用する読売

今朝から、
長嶋茂雄氏が巨人の試合を観戦するらしい、
との報道が飛び交っている。
その観戦が公の場への復帰となるとのこと。

そんな読売のやり方は、
もういい加減にしてほしい。
そして、自分たちも取扱いに注意したい。

もちろん長嶋氏の復帰は長嶋ファンにとってだけでなく、
多くの人にとって素晴らしいことである。
長嶋氏の活躍をVTRでしか見たことがなく、
アンチジャイアンツな俺でも、
喜ばしいことだと思う。

ただ、
ジャイアンツの人気凋落に歯止めをかけるためだけに、
読売が長嶋人気を利用することに疑問を覚えるのだ。
現在の野球界全体の危機を真剣に論議せず、
「球界の盟主」の座にしがみつく目先の手段として、
長嶋氏の「重い病からの復帰」を利用する。
下手をすると、長嶋氏の病を「オイシイ」とさえ思っているかもしれない。

放送局などのメディアはそんな背景をわかっていながら、
なにも知らないフリをして報道する。
テレビはそのほうが視聴率が上がるから。

俺はそんなマスコミの中にいて、
視聴率・聴取率を稼ぐこで飯を食ってるわけだから、
それは仕方ないことと思っている。

だけど個人的意見としては、
ジャイアンツが利するだけの取り上げ方はしたくない。
長嶋氏がどんなに元気になったって、
いつかは表舞台に出られなくなる日が来るわけだ。
長嶋氏の復帰は一時の麻薬みたいなもので、
ジャイアンツの、
ひいては球界人気復活の根本的な策にはなりえない。

なのにほいほい取り上げていたら、
今まで(=野球が人気だった時代)どおりになってしまう。
もうそれで良かった時代は過ぎ去ったのだ。
過去の遺産に頼っている余裕はない。

読売には球界を盛り上げようという意思を持ち、
根本的な策を考えようという姿勢を示してほしい。
というよりも、それは義務だと思う。
ジャイアンツは紛れもなく「球界の盟主」なのだから。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-06-27 15:00 | そのほか
<< でもソノ気はまったくありません 期待しすぎだったのでしょうか >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧