放送局の裏の裏。



ナカミーのナカミ

人気になるにつれて、
いろいろ言われている中野美奈子さん。
でも彼女が売れているのは、
そのルックスのせいだけではない。

やっぱりこの世界、
スタッフに気に入られてナンボ。
タレントと同様、嫌われている女子アナは、
なかなかお声がかからない。
スポンサーに気に入られていれば別だけど。

中野さんはそこんとこでかなりリードしている。
つまり人柄がよく、誰からも気に入られる存在なのだ。

彼女がアナウンス試験を受けていた3年前、
各局は熾烈な中野争奪戦を繰り広げた。
その終盤戦、
某局が先駆けて内定を出した。
彼女は某局の入社を決意し、
そのとき残っていたフジの最終面接を蹴り、
就職活動は終了したかに思われた。

しかしフジは、そこから強烈なウッチャリをぶちかます。
なんと最終面接が終わった後にもかかわらず、
彼女一人を特別に呼び出し、口説き落としたのだ。
異例中の異例、
面接を蹴った学生を別枠で入社させるなんて、
聞いたことがない。

そういう経緯でフジに入ることになった彼女だが、
普通に考えるとその某局の人は怒る。
だけど、彼らは「あれは仕方ない」と笑顔で言うのだ。

彼女はフジの内定が出た後、
彼らに対してフジに行きたい思いと、
感謝・謝罪の気持ちを切々と話した。
詳しいことは聞いていないが、
彼らは共感し、納得し、彼女を笑って送り出したという。
そうさせる人柄と自分の思いを伝えるパワーを
持ち合わせていたということだと思う。

そんな彼女だから、
仕事が増えるのはよくわかるし、
人気が出るのは当たり前かもしれない。
今はまだ技術が追いつかないかもしれないが、
その伝えたいという気持ちを持ち続け、
外野の雑音にめげずに歩んでいけば、
アナウンサーとして大成できるんじゃないかと思う。

その人気にあぐらをかくようにだけは、ならないでほしい。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-09-24 12:15 | テレビ
<< タイガース優勝が見られない!? 日本シリーズの売れ行きと星野氏の関係 >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧