放送局の裏の裏。



ポッドキャストの大いなる可能性

いやぁ~最近なぜかバタバタ。
出張はあるわ、会議は山積みだわ、
休みはないわ、
ひさびさに栄養ドリンクのお世話になってしまった。

そんななか、
ラジオの将来についていろいろと学ぶ機会があったので、
ちょっとメモがてらまとめてみた。

いま、ポッドキャスティングにデジタルラジオ、
ラジオの将来を大きく動かす可能性を持ったメディアが、
次々に登場している。

デジタルラジオに関して個人的には、
前にも書いたように将来性をあまり感じられない。
市販機すらなく、リスナーがゼロという段階で、
勝手にスタートを2007年と決められても困る。
総務省は何がやりたいのかわからない。

一方でポッドキャスティングは、
まだまだ商業ベースには乗らないものの、
可能性は大きいと思う。

局が本気で取り組むためには、
儲ける仕組みを作らなければいけないけど、
現段階では無料配信&CMなしがほとんど。

有料配信でも聞きたい、というレベルのものはまだ少ない。
現状でやれるとしたら、
リアルタイムに近い株式情報や、
ある特定業界の専門ニュースのような、
コアターゲットな番組くらいか。

もし(スポット)CMを入れるとしても、
ポッドキャストでの番組はCMスキップが簡単だから、
番組全体をスポンサードしてもらう(タイム提供)くらいしかない。

そんな状況だから、
まだまだビジネスモデルが確立されていなくて、
みんなとりあえずやっとけ!という程度だ。

これに儲ける仕組みができれば、
ラジオの本放送を喰ってしまうくらいのパワーを持つことは間違いない。

そのためには、
本当に聞きたいと思ってもらえるような、
もっともっと魅力的なコンテンツを作るのが最低条件だ。

ポッドキャストは他業種からの参入はもちろん、
作り方によっては個人でも大きな会社に勝てるメディアなのだ。
いままで番組を作ってきたという自負が、
過信にならないように、
ラジオ業界全体が努力していかないといけない。

そして俺は、そのビジネスモデルを作りたい。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-11-16 22:11 | ラジオ
<< 相武紗季がやってきた 【マスコミ就職活動】実り多き最終落ち >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧