放送局の裏の裏。



【マスコミ就職活動】3局目の正直

放送局総合職3社目。
そこはまず書類審査があり、
そこを通過した人が面接に呼ばれる。

なんとか書類が通過したようで、
ある晴れた寒い日に面接が行われた。

行ってみると、想像以上に狭く汚い部屋。
大丈夫かここの会社は・・・と思ってしまうほどだ。
受付を済ませて、
ちょっと斜めに傾いたパイプいすに腰掛け、
名前が呼ばれるのを待つ。

ふと前を見ると、若い兄ちゃんがしゃべっていた。
今後のこととかを話していたので人事の人かと思ったんだけど、
実は彼、若手のアナウンサーで、
受験者を和ます前説のために呼ばれたのだとか。

前説という割にはすべり気味で、
人事の人からのツッコミで辛うじてもっていたことを覚えている。
ただアナの一生懸命さと人の良さ、
その場の雰囲気の良さは見ていて心地よく、
個人的にはとても気に入った。
そしてそれが、
俺の今後にもけっこうな影響を及ぼしてくれたのだった。

15分ほど待つと、名前を呼ばれた。
案内されていった場所はスタジオ。
スタジオの中にブースがいくつか作られていて、
同時にいくつかの面接が行われていた。

面接官は20代後半のカッコイイ兄ちゃんと、
30代後半のヒゲずらのおっちゃんだった。
面接自体は今まで受けてきた会社と変わらず、
いままで3年間なにしてたのとか、
エントリーシートに書いたある写真のことなどについて、
10分ほどしゃべった。
たいした話もせず大丈夫か?と思ったが、
手ごたえは悪くなかった。

そして最後に、
「なにか質問はありますか?」と聞かれた。

特になにも考えていなくて、
思わずさっきの前説若手アナのことを聞いた。

「○○アナと人事の方の前説があったんですけど、
この会社はあんな感じの人ばっかりなんですか?」

『あんな感じの人』という言葉には、
肯定の気持ちも否定の気持ちもないように、
フラットな言い方で伝えた、つもりだ。
あっちがどういう捉え方をするか、
それを見て対応しようと思ったのだ。

すると面接官は顔はニコニコ、目は笑わず返してきた。

「そうだよ」

俺の見え透いたプランは一撃で破られた。
こうなればもう、
本当に感じたことを言うしかない。
素直に、言葉を選ばず言った。

「あの雰囲気めっちゃ好きです。
この会社に入りたくなりました。」

面接官はまたも顔だけ笑ったまま、
1次面接は終了した。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-11-28 20:27 | 就職活動
<< 【マスコミ就職活動】3局目の正... それでいいのか?紅白歌合戦 >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧