放送局の裏の裏。



【マスコミ就職活動】3局目の正直・事件の結末

いい湯につかり、うまいもんを食わせてもらい、
拘束旅行を楽しんだ俺は、
家路に着こうとしていた。

新幹線の駅に着くと、
付き添いの人事の人が言った。

「僕は別の用でここに残らなくちゃいけない。(←別の拘束でも?)
改札までは見送るから。
もう春休みだし実家に帰るよね。」

帰るよね。とは同意を求める言い方だが、
彼の口調には有無を言わさぬものがあった。
もしかして怪しまれてる…?
そこでふと大きな問題に気づいた。
俺、明日の面接へ行くには右のホームだよな。
でも、実家に帰れということは、
左のホームに行かなくちゃいけないんじゃないの!?

いまはもう午後7時。
明日の面接は朝9時。
一度実家に帰って、なんて悠長なことはできない。

仕方ない、頑張るか。
覚悟を決めた俺は、
結局ホームまで見送りに来た人事の人に笑って手を振り、
実家に帰る新幹線に乗り込んだ。

次に止まるのは1時間後。
折り返しの新幹線はあるのか。
ここで1万円を超える出費は痛いなぁ。

そんなん車掌に聞きゃわかるし、
今後の人生のために1万くらいどーってことないだろ、
といまでこそ思うんだけど、
そのときは不安でいっぱいだった。
なにより、最後までプレッシャーをかけられたことが
不安をあおったのかもしれない。

念のため、
もし連絡があったら「戻ってるけどいない」と言うように、
と新幹線の中から実家に電話しておいた。
さすがにそこまではなかったみたいだけど。
狐と狸の化かしあい。
なんて間抜けなことに力を使ってるんだろう。

結局、その日自宅に着いたのは11時を回っていた。
あまりにもアホらしくなってしまい、
ここまできたら完全にギャフンと言わしてやろう、
と開き直っていた。
明日の最終面接、絶対通ってやる、と。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-07 10:24 | 就職活動
<< 浜崎あゆみの結婚報道ができない? 【マスコミ就職活動】3局目の正... >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧