放送局の裏の裏。



彼の手は、温かかった。

仰木彬さんが亡くなった。
あまりにも早すぎる悲報に、
昨晩のニュース速報を入れる指示の、
俺の声は震えていたように思う。
言わずと知れた名将であり、
一度お会いした印象ではとても人間味にあふれた方だった。

中学・高校のころ、俺はオリックスのファンだった。
ブーマーや門田がいた時代は万年3位、
優勝なんて夢のまた夢。
高橋智や小川の全盛期も、優勝には届かなかった。
イチローも2軍で燻っていて、
よく授業をサボってそのプレーを見に行っていた。
そして仰木さんが監督に就任し、
イチロー、田口がレギュラーとなり、
がんばろうKOBEのスローガンでのリーグ優勝。
そして翌年の日本一。
仰木さんは俺の憧れだった。

昨年末、仰木さんの殿堂入りパーティがあった。
とてもありがたいことに、
仕事で会場にうかがうことができた。
イチロー、野茂、田口ら、大リーガーの面々、
野球界の重鎮の方々ら、
そうそうたるメンバーが顔をそろえていて、
仰木さんの人柄・魅力がそうさせるのだと感じた。

そして長年憧れていた仰木さんとお話をさせていただき、
ずっとオリックスファン、仰木ファンだったことを告げると、
「そうか、ありがとう」と言って握手をしてくれた。
その手は苦労を偲ばせるものではあったが、
大きく、とても温かかった。

オリ・近合併が決まったとき、
もうオリックスファンはやめた。
だけど仰木さんのファンだけはやめられなかった。
それはこれからもずっと変わらないだろう。

謹んで、ご冥福をお祈りします。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-16 11:25 | そのほか
<< トヨタカップとフィギュアスケー... モーグルからマスコミの弱点を考える >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧