放送局の裏の裏。



2次利用ビジネスに力を入れる放送業界

ここ数年、テレビ局が映画に力を入れている。
最近の代表的なものを挙げると、
『NANA』はTBS、
『男たちの大和』はテレ朝、
『ALWAYS 三丁目の夕日』は日テレ、
そして言わずと知れた『踊る大捜査線』シリーズはフジ。
ジブリなんかも日テレだったりする。

各局とも制作費を出資し、
その割合に応じて興行収入を得る。
そして、ここからが本当の目的なんだけど、
地上波、BS、DVDなど2次利用で儲けるのだ。
これが結構大きくて、
いまや放送局の収入のひとつの柱となりつつある。

その証拠に、放送局のホームページを見てみてほしい。
どこの局もトップメニューのひとつに映画が入っていて、
大きな比重を置いていることがわかるはずだ。
映画は局にとってそれだけオイシイということなのだ。

ここ数年、放送業界は大きな嵐の中にいる。
ネットの台頭やBS、CSの普及などなど、
いままで王様だった地上波が脅かされている。
今後、CM収入が下がることは目に見えている状況で、
別の収入形態を作り出していかなければ、
たとえ最後の護送船団と言われるこの業界でも生き残っていけないかもしれない。
そこで目をつけたのが映画、
というかコンテンツの2次利用ビジネスだったのだ。

逆転の発想。
ネットや多チャンネルで出し口が多くなるということは、
ソフトの数が限られている現状では2次利用が増えるはず。
2次利用で儲けるためには、権利を持つ必要がある。

じゃ、自前で映画を作っちゃえばいい。
でも映画は制作費がテレビの比じゃないし、
ノウハウも異なるから、映画会社と共同出資にしたりして。
もとから2次利用を想定して契約しておけば、
出演者や脚本、配給会社にメンドクサイ申請する必要ないし。
うまいこといけば、フジの『大捜査線』やテレ朝の『TRICK』みたいに、
自分とこのコンテンツをそのまま生かすこともできる。

そんな感じで放送局は映画の世界に足を踏み入れている。
でも難しいのは、映画は当たりハズレがでかいことなんだよな。
うちでも儲かってる映画もあれば、
大損こいた映画もあったりする。
映画自体では儲かってるのかわからないけど、
2次利用でプラスってるみたい。
どの映画に出資するかの目利きができる人材が、
この事業の成否を握っているってことか。
[PR]
by drive-2-iko | 2006-02-16 18:17 | そのほか
<< ネット番組には要注意! 作り手冥利に尽きる特番 >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧