放送局の裏の裏。



男性は結果を求め、女性は好奇心を満たす

意外や意外、荒川選手は金メダルだった。
コーエンとスルツカヤが両方ミスするなんて、
考えもしなかった。
とにかく、日本最初のメダルはメデタイ。

平均視聴率についてはいろんなところで報道されているので触れないが、
個人視聴率を見て考えた。

先日のショート・プログラム(以下SP)、
男女の合計数字はほぼ同じ。
でも若い世代に限ると、30代男性がやたらと低いこともあって女性が圧倒的。

そして今朝のフリー(以下FP)。
うって変わって男性が急進、逆に女性はSPの3分の2程度に急落。
合計でも男性が女性を圧倒している。

SPで2選手が好成績を残し、
今日のFPでメダルが決まる!という展開から普通に考えると、
男性だけでなく女性もより注目するだろうと思う。
だけど下がるというのはどういうことなんだろうか。

注目度が下がった要因として挙げられるのは、
人気は3選手の中でもトップの安藤美姫選手がメダル圏外に沈んだことくらい。
もしそれで女性票が落ちたとするならば、
オリンピックフィギュアの見方に男女の違いが見えてくる。

まず男性はSPで好成績をあげたことが、
FPも見ようという動機となったことは明らかだ。
30代男性が5倍もの数字を出したことでもわかる。
男性は言ってみれば「メダルを取れる」から見るのだ。

一方で女性の多くは、特に30代以上は安藤選手が気になっていた。
それも純粋に競技を見たかったわけではない。
いろんな情報がワイドショー的に流され、
いったいどうなるんだろうという興味を誘われた結果、
SPを見てみようという人が多かったんだろう。
そして失敗した安藤選手を見て満たされた。
本当にフィギュアが好きだったら、
SP見て、FP見ないなんてありえない。
女性は「好奇心を満たす」ために見るということか。

男性は結果を求め、女性は好奇心を満たす。

ただしこの考察は、かなり乱暴な推測に基づいている。
しかも、1回きりの数字に基づいた浅はかなものでもある。
視聴率というのは曖昧なものだから、
平均を取らないと確かなものにはなっていかない。
なので、こういう見方もあるのか、程度でお願いしたい。

※追記
ちょっと誤解を生んだようなので追記。
女性が「失敗した安藤選手を見て満たされた」と書いたのは、
失敗に満足したという意味ではなく、
ワイドショー的好奇心が満たされたということ。
「精神的にキツイ状況」と報道されたことに対して、
「ああやっぱり」と納得したという意味だ。
[PR]
by drive-2-iko | 2006-02-24 15:21 | テレビ
<< WBCの憂鬱 ネット番組には要注意! >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧