放送局の裏の裏。



海猿を見てヒトコト

「LIMIT OF LOVE 海猿」を見てきた。
正直、オモシロかった。
1本目の映画は一部しか見てないんだけど、
それやテレビシリーズとは比べ物にならないほど、
迫力あったし、CGもリアルだった。
なかなかの感動作だったこともあって、
終映後のトイレには黒い涙を流した女の子が並ぶ並ぶ…笑。
土曜プレミアム枠で流したら、
20%くらい行くんじゃないだろうか。

で、終わったあと、
一緒に行った子といろいろ話してて、
彼女はストーリーが良かった、
伊藤英明が不覚にもカッコよく見えた、
という感想。
俺は、めっちゃオモシロかったけど、
劇中の伏線の張り方とその処理、
それとエンドロール脇の映像に納得がいかなかった、
って感想。

以下ネタバレあり。
細かく書くと、
フェリーに「スーツケースのフタを開けたまま」残したウェディングドレスが、
沈没後の海中で浮遊するというイメージのようにしか使われてなくて、
伏線を生かしてきれていないと思ったこと。
そして、エンドロール脇に画を出すなら、
二人の結婚式、または結婚をイメージさせる静止画を入れたほうが、
黒い涙がより増幅されて効果的だったんじゃないかということ。

って話してたら、バッサリ切られてしまった。

「そんなとこばっか見てて、楽しめなくない?」

彼女的には、俺の見方がいかにもこの業界の人間っぽくて、
映画を楽しめてないように思えたらしい。
いや、全然そんなことなくて、
オモシロかったんですけど…。
ゴ、ゴメンナサイ。
[PR]
by drive-2-iko | 2006-05-28 11:20 | テレビ
<< ドイツ戦を見て… 新庄問題のモンダイ >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧