放送局の裏の裏。



オーストラリア戦中継を終えて

展開の厳しさもあって、なかなか難しい中継だった。
アナウンサーもうまくしゃべれてなかったし…。
もっとうまくやれただろうに、と少々自己嫌悪。

でもまー、負けるって結構ツライもんだ。
98年は負けてもまあしゃーないって感じの初出場だったし、
02年は運良く勝てたし、
こういう負けは初体験だしね。

レポーターの話を聞くと、
試合中はだーれもいなかった街中が、
終わった途端人が出てきて騒いでいたよーだ。
この負けに打ちひしがれてる人ばかりじゃなくて、
歌を歌って次ガンバロウって人も多かったみたい。
こっちも次の中継があるから、
切り替えてやっていかないと。

視聴率に限って言えば、
終盤まで競り合う展開だったから、
負け試合のワリにはいい数字が出ると思う。
毎分視聴率は試合終了とともに急降下だろうけど…。

でもなー、負けたらやっぱり、
視聴率も楽しみに思えないっす。
[PR]
by drive-2-iko | 2006-06-13 01:16 | テレビ
<< オーストラリア戦視聴率分析 ワールドカップ・日本初戦を前に >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧