放送局の裏の裏。



2005年 12月 24日 ( 1 )


【マスコミ就職活動】夢への一歩を踏み出す

それから8時間後、俺はとある寿司屋にいた。
就活仲間でもある高校の同級生らと3人で晩飯を食っていたのだ。
しかもそれは回ってない寿司。
学生にはめっちゃくちゃ贅沢だけど、
俺の残念会ということで!と強硬に主張した。

合否はどちらでも電話連絡が来るということだったが、
あきらめかけていた俺は、
携帯の電波の届きにくい店であることも気にしなかった。

もちろん話のネタは就活で、
グチ、グチ、みみっちいジマン、グチ、グチ、みみっちいジマンの繰り返し。
一人は推薦で某精密機器メーカーに決まっていて、
俺を含めた残る二人がメインでグチっていた。

俺は今日の最終面接の手ごたえの悪さをグチり、
飲めない酒を無理矢理飲んで、

「やっぱり夢は夢で終わるもんなのか~!」

などと青臭いことを言ってみたりしていた。
それを二人が「まあまあ」となだめる様は、
まるでイケテナイサラリーマンのよう。
なんと恥ずかしい姿だろう。

そして俺は勢い余って、
とんでもないことを口にしてしまった。

「どーせ落ちるんだから、
もし内定出たらここ全部俺のおごり!」

一瞬盛り上がる二人。

「でもどーせダメなんでしょ?」

と次の瞬間には
現実に戻って寿司を食らう。
俺も負けずに寿司を食らう。
食らう食らう食らう。
飲む飲む飲む。

1時間後にはすっかり腹はふくれ、
飲めない酒を飲んだ俺は頭痛と睡魔に襲われていた。

そのとき、携帯が鳴った。
トドメの電話か~と思いつつ通話ボタンを押す。

「もしボし~こんヴァ、プツッ、ツーツーツー」

切れたぁ~。
おいおい、切れたよ。
焦る俺。
店の外に走り出す。
ふらついて傘立てを倒す。
立てて、傘を戻そうとして店員さんに助けられる。
もう一度走り出す。
電波を求めてうろちょろする。
寿司屋と隣の店の間の細い路地に落ち着く。
かすかに残る期待を捨てきれないダメな俺。

そのとき、もう一度携帯が鳴った。

「もしもし、切れたんだけど大丈夫?」

人事の人に不安がられる。
謝って次を促す。

「今日は最終面接に来ていただいてありがとうございました。
面接までに長い時間待たせてごめんなさいね~。」

なぜか引き伸ばす人事。
絶対この人Sっ気あるよ。

「厳正なる面接の結果…」

うぉっ、来た、運命の瞬間!
どっち?やっぱダメ?

「おめでとう、内定です!」

や、や、やたー!
やったよー!やったよとーちゃん!

狭く暗い路地でガッツポーズをしようとして、
思わず壁にコブシをぶつける。
でも、すりむいたことにも気づかないほど興奮し、
2度の受験でも、○度の告白でも得られなかったほど
大きな喜びの波が押し寄せた。
ずっと思い続けて良かった、
自分なりの試行錯誤を重ねてきて良かった…。
これまでの失敗や苦い思い出も、
すべてここに繋がるための道筋のように思えてきて、
繁華街の片隅でひとり声を上げた。

この後、
寿司屋のレジ前で「うっ」と唸ったのは言うまでもない。
回る寿司にしておけば良かった、と思ったあの日だった。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-24 00:26 | 就職活動


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧