放送局の裏の裏。



2006年 02月 14日 ( 1 )


作り手冥利に尽きる特番

「女王の教室」スペシャルの放送が発表された。
昨年度の第2クールで放送され、
最終回では25.3%を記録した。
平均視聴率でもブームを巻き起こした電車男に次いで2位と、
かなりの注目を集めた作品だった。

個人的にも
「このきっつい話をどう展開させるつもりなんだろう」
と興味を持って全話欠かさず見た。
一部不満はありつつも、
全体としてはとてもおもしろい作品だったと思う。

もともとドラマを作るときは、
人物設定を念入りに構築することが多い。
とくに主役級キャラに関しては、
家族や育ち、クセからお気に入りのブランドまで、
事細かに設定される。
もちろん過去の経験やエピソードなんかも、
「こういうことがあってこんな考え方をするようになった」というように、
そこそこ具体的に考えられている。

だけどそれは家を立てるときの基礎設計のようなもので、
表からはなかなか見られない。
マニアックな人気を集めたドラマなどは設定資料集などで見られるけど、
ほんの一部の作品だけだ。
今回「女王~」がその設定を明らかにするスペシャル版を作ることになったのは、
縁の下の作業が認められてスポットライトを浴びることになったということで、
作り手冥利に尽きることだと思う。

日テレ編成の本音としては、
数字を取ったドラマだし最終回後にも大きな反響があったし、
改編期のコマとしてはちょうどいい、
スポンサーも付きやすいし、くらいの認識だろう。
でも過去を知りたいという声が多かったのも事実だし、
それを実現させられるという喜びがサンスポ記事のPの言葉にも表れている。

制作者が納得いくモノ造りがしづらくなっている最近だけに、
どんな作品になっているのか、とても楽しみだ。
[PR]
by drive-2-iko | 2006-02-14 15:02 | テレビ


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧