放送局の裏の裏。



カテゴリ:そのほか( 45 )


モーグルからマスコミの弱点を考える

上村愛子選手がモーグルW杯初戦を欠場した
というニュースが流れていたが、
その裏で男子チームのエースが凄いことをやってのけた。

【ティーニュ(フランス)12/14共同通信】
フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)モーグルは14日、
当地で開幕し、
男子でベテランの附田雄剛(リステル)が
トップと0・01点差の25・63点で2位になり、
3大会連続となるトリノ冬季五輪代表に内定した。
附田の表彰台は2002年3月以来4季ぶり。

強豪USAチームを押しのけ、王者FINチームに食い込んでの2位。
これがもしオリンピックだったらスゴイ話題になっていたろうに、
現状ではハッキリ言って誰も知らないに等しいこのニュース。

モーグル男子はコンスタントに成績を残す選手がいない上に、
上村愛子選手、里谷多英選手があまりにもメジャーすぎることもあって、
ここまで話題になっていないから。
というか我々マスコミが話題にしてこなかったから。

これが一度オリンピックでメダルを取って、
その後の成績ならとても大きな扱いになっただろうに。
マスコミはきっかけ作りが本当に苦手なのだ。

附田選手はビジュアルも悪くないし、
波はあるものの今回のような爆発力もある。
しかも男子モーグルの迫力といったら、
失礼な言い方だが女子とは比べ物にならない。
イジリようによっては女子に匹敵する話題になる要素は十分ある。

それをうまく生かせないで、
きちんと伝えられないのは、
自省すべきところだと思う。

常に好成績を期待される人、
アイドル性がある人を取り上げるのはもちろんだけど、
そうでない人でも素晴らしい結果を残したときは、
大きなニュースとして扱うべきだ。

ほかにもアルペンの佐々木明、皆川賢太郎、
コンバインドの高橋大斗など、
トリノでメダルを取る可能性のある選手は多くいる。

でも彼らがいま世界各地を転戦していて、
好成績をあげていることをどれだけ伝えられているんだろう。

なにか大きなイベントがあるから、
目をむくようなどえらいことをしたから、
というような誰もがわかりやすいきっかけだけでなく、
今回の附田選手のように、
実はすごいことなんだよというような話題も、
ちゃんと伝えていかないといけないと思う。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-15 12:41 | そのほか

会社を辞めてM-1王者を目指す!

「NHK辞めてお笑いやります」 (Yahooニュース)

12/25(日)オンエアの「M-1グランプリ」で、
敗者復活戦からの優勝を目指すアマチュア漫才コンビ「さんだあず」。

コンビのどちらもテレビ局に勤めるディレクターなんだけど、
その片割れが会社から「M-1に出るなら処分する」と言われ、
会社を辞めたという記事が出ている。

懐のちっちゃいその会社とは、またもや登場NHK。
それくらい許してもいいのに…と思いきや、
そうとも言えない事情があるようで。
ちょっと知ってる人なので話を聞いた。

いまNHKは、ちっちゃくちっちゃくならざるを得ないんだと。
悪く言えば、視聴者みんながNHKの粗探しをするような現状で、
彼の出場を許したら何を言われるかわかったもんじゃない、
できるだけ目立たないように、
嵐が過ぎるまで静かにしていたいというのが本音らしい。

「他局の漫才の番組に出演するなんて、
『あんな局員を養うために受信料をはらってるんじゃない』
って怒られちゃうよ…。
しかも、ツッコミじゃなくてボケなんて!
うちの評判に関わる!!」

なんて言う上層部の心の声が聞こえてくる(笑。

でも、別に悪いことじゃないんだから、
堂々と出演させてあげればいいのにと思ってしまう。

事情は良くわかるが、

「こんな意気のいい若手がいることを、新生NHKを、
アピールするために目立ってこい!」

と余裕のある判断をする人がいてもいいよな。

ま、とにもかくにも退路を断った「さんだあず」。
本番が楽しみだ。

※「M-1グランプリ2005」
12/25(日)18:30~テレビ朝日系で放送予定
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-14 13:55 | そのほか

浜崎あゆみの結婚報道ができない?


浜崎あゆみの婚約報道が封印された裏事情(EXCITE)


某芸能リポーターさんに言わせると、
「あゆの結婚は6-4くらいかな~」。
まあ、結婚が現実となればゲンダイのこの記事、
珍しく間違ってはいないことになる。
でも逆だと思うよ。

どちらかというと、エイベックスよりもジャニーズのほうが怖い。
それが事実だろうが憶測だろうが関係なく、
浜崎あゆみさんのフタマタということを報道するより、
長瀬さんがフタマタかけられて、しかもフラれたということを流すほうが、
100倍怖い。

当たり前だけど、エイベックスはレコード会社だ。
とても乱暴なまとめ方をすると、
局側としては曲をかけてプロモーションのお手伝いをし、
レコード会社側はアーティストを出演させることで、
お互い持ちつ持たれつの関係が成り立っている。

一方で有力芸能人を抱えている事務所は力が強い。
局側が気に入らないことをすると、
「タレント引き上げるよ」とプレッシャーをかける。
1局に出られなくなっても、
その分他局に出ればいいだけの話だから。
人気タレントが出てくれなくなったら、
番組の視聴率が下がるのは目に見えるから、
局としてはヘーコラするしかない。

ジャニーズはその辺かなり敏感で、
ちょっとしたことですぐに「指導」が入る。
しかも大御所から新進まで、
いまのラテを支えるタレントぞろいだ。
局としては絶対に関係を壊したくない。

だから番組でなかなかイジレナイ。
ラジオの中にはやってるところもあるんだけどね。

昨日のFNS歌謡祭。
ハイビジョンで浜崎あゆみさんを見た。
アナログでは耐えられても、
デジタルではそろそろキツイかと思う。
本当に、結婚にはいい時期かもしれない。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-08 11:47 | そのほか

幹事の楽しみ

この仕事をしていると、
「2次会の幹事やってちょ」「同窓会の幹事頼むよ」などなど、
軽いイベントを仕切ってくれーとよく言われる。

お祭り好きの俺は「うぃーうぃー」と全部引き受ける。
そして、キャパいっぱいになって「ぜーぜー」いっている。
自業自得。

でも、こういうイベントやるのって楽しいんだよね。
みんなで台本作って、VTR素材作って、ネタ仕込んで、
本番で参加者の反応をみる。
笑ってくれたり、涙なんか流してくれちゃったりすると、
もうめちゃくちゃうれしい。
逆に反応がないと落ち込む。

テレビやラジオよりもダイレクトに反応があるから、
こっちの感情もダイレクトに揺さぶられる。
ちょっと新鮮な感覚。

一昨日は同期の結婚式だった。
主役からはストレート勝負の要望があったので、
最後に両親からのビデオメッセージを持ってきて、
感動の包まれての大団円を狙った。

結果、新婦はしっかりと泣いてくれて、
こっちも思わずもらい泣き。
お客さんの中にも泣いていた人もいて、
いいコメントくれたご両親に感謝感謝。

今回もしんどかったけど、
やってよかったっす。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-11-07 15:38 | そのほか

それでもまだ多いNHK職員

Excite エキサイト : 職員1200人削減を検討 NHK、過去最大規模

NHKが職員を1割・1200人削減するそうだ。
受信料の減収もあって、経費削減の意味もあるらしい。

1200人というと、とても大きな数字だ。
TVのキー局でほぼ同等の人数、例えばフジテレビで1300人程度。
NHKはキー局1局分を減らしてもまだ、
1万人もの職員を抱えるマンモス企業なのだ。

そういえばNHKと一緒に仕事をすると、
かける人数の違いに驚かされたことも多々あったな。

俺がテレビの仕事をしていた頃、
民放5社+NHKで共同企画を進めていたとき、
われわれ民放側は担当者2~3名のチームを組んでいたのに、
NHKはなんと13人もの人数で乗り込んできたことがあった。
会議ではその中の2人しか発言しなかったけど。

NHKのラジオスタジオに行ったとき、
ひとつの番組にうちの倍くらいのスタッフが関わってて、
うらやましいと思ったこともある。
プロデューサーはボーっと座ってなにもしてなかったけど。

そんなNHKだから、
1200人減ったところで大したことはない。
もっと減らしてもいいくらいだ。

ただ、コンテンツにかける人数を減らさないようにして欲しいと思う。
前にも書いたように、
NHKだからこそできる濃密な番組の質を落として欲しくない。
民放と比べるとまだまだ充分すぎるほど、
制作環境に恵まれているんだから。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-09-16 11:53 | そのほか

来年ブレイクする女優は・・・

最近注目の若手女優さんがいる。
それは沢尻エリカさん。
一見、沼尻沙弥香さんと間違いそうになる。
俺だけかもしれないけど。

会ったことはないんだけど、
テレビで見るかぎり、
スバラシイ素質を持ってるんじゃないかと思う。

はっきり言って演技はまだまだ。
でも雰囲気といい、目つきといい、これからのノビを感じさせる。

そして、なんと言っても〝声〟だ。
仕事柄もあって、
俺が俳優さんを見るときにイチバンこだわるのが声。
芯が強く、通りがよく、耳障りの良い彼女の声は、
台詞へのノリがとてもいい。

テレビドラマだから仕草や表情で伝わる部分も大きいんだけど、
言葉で伝えられない役者は弱い。
うまい役者は吹替しても、
ラジオドラマやっても、
声優やってもうまいでしょ?
その言葉で伝える基本となる声質がスバラシイ彼女は、
ナレーションや舞台、ラジオでも輝ける素質を持っていると思う。

9/10(土)にテレ朝系で放送された
今井雅之舞台のドラマ版「零のかなたへ」、
井筒和幸監督の「パッチギ」、
TBS系の前クール「あいくるしい」、
などに出演していた。
仲間由紀恵、オダギリジョーらが出演する映画、
もうすぐ公開の「SHINOBI」にも出ていて、
女優として定着しつつあるのがわかる。

全然知らなかったんだけど、
「フジテレビ ビジュアルクイーンオブザイヤー'02 」に選ばれるなど、
もともとはグラビアで活躍していたようだ。

そこから3年ほど経ってよーやく名前が売れ出したのは、
地道に下積みを重ねてきた結果。
ここから一気に飛躍していく可能性を秘めた、
オモシロイ存在である。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-09-15 12:45 | そのほか

星野氏残留から見えること

星野氏がタイガース残留を発表した。
ファンとしてはホッとする気持ちもあるが、
球界全体を盛り上げる彼の姿も見たかった、
というのが本音。
どちらにしても、複雑な気分だけど。

この件について、きちんと本人の口から語られたのは初めてだ。
なぜ今までしゃべれなかったんだろう。
タイガースが優勝を争っているこの大事な時期、
2年前の日本シーズ中に明らかになった勇退以上に、
選手の集中力を乱すかもしれない話が出てきているのだから、
最初から断る気があるのなら即答しても良かったはずだ。

そういう状況から考えても、
そして漏れ聞こえてくる話からも、
ファンの声をはじめとする世論を見極める時間を必要としていたことは確かだ。
T・Gともにファンの大きな反対があったからこそ、
今日の否定会見となったのだろう。
マスコミの使い方、ファンの心のつかみ方に長けた彼だからこそ、
の選択だったと思う。
また、巨人との下交渉があったのも事実のようだ。

ということは、もし世論が肯定的、
いや少なくともここまで否定的でなかったら、
星野氏は巨人に行ったということになる。
つまり、行く意思はあったということだ。

今年行かなくとも、来年、再来年に星野巨人が誕生する可能性は大いにある。
そうしたらプロ野球はどう盛り上がってくれるんだろうか。

俺にとっては現状の満足と、
将来への期待が入り混じった話題だった。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-09-10 23:42 | そのほか

オムツにはご用心!(後編)

何事もなかったように甲板に戻った悦子に、
さらに〝過酷な運命〟が待っていた。
そのとき甲板は荒れ気味の波で濡れ、
船はうねりで揺れるなか網を上げる作業中。
素人が歩くには少し厳しい環境の中、
苦境を脱して開放感に包まれていた悦子は油断していた。
突如の揺れに足元を救われた彼女は、
必死に近くの柱にしがみついた。
手にしていた「自分が生み出したもの」のことは、
頭から消え去っていた。

まさに一瞬の空白。
振り返った悦子の目にはスローモーションで宙を舞うオムツ。
そのまままっすぐに波間へと飲み込まれていった。
紙は自然に返るし・・・ま、いいか。
そう思った彼女だが、〝過酷な運命〟がこんなもので済むわけはなかった。

後日OAのとき、
スタジオでこのロケVTRを見た司会者はこんなコメントをした。

司会者「水揚げのとき、キャ~って声が入ってませんでした?」

素直なコメントである。
初見だったんだろうけど、普通わからないことは触れない。
そして悦子は笑顔でこう答えた。

悦子「ごめんなさい、あのとき甲板で滑っちゃって…入っちゃってましたね。」

上がってきた網の中、
魚がピチピチと跳ね回る間には、ゴミのような白い物体が映し出されていた。
いや、どちらかというとダークブラウンに近かったのかもしれない。

このロケの主目的は、ちょっと珍しいこの魚を撮ることだった。
この日唯一の水揚げシーン、
彼女の「生み出したもの」は見事電波に乗っていたのであった。

このブログを、そんな悦子さんに捧げます。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-09-07 22:33 | そのほか

オムツにはご用心!(前編)

先日、うちに出演しているある女性タレントさんと飲む機会があった。
彼女はこの道10年のベテランだけど、
3○歳とは思えないほど若くてびゅーてぃふる。
ええとこのお嬢様ってイメージで、
上品な感じのする方なのだ。

そんな彼女からこんな話が出るなんて思いもしなかった。
あまりに意外で大爆笑。
ちょっと下品だけど、こういうギャップは個人的に好きだったりする。

数年前のお話。
悦子(仮名)はある地方局でレポーターのお仕事をしていて、
漁に密着するロケに出かけた。
長時間ロケとのことで、しんどいのは覚悟して行ったそうだ。
船を出してくれる漁師さんにご挨拶して、
さあ乗り込もうと思したとき、
Dが彼女を呼び止めた。

D「悦子さん!これ付けてくださいね♪」

彼が手渡したのは大人用オムツ。
驚いた彼女が尋ねると、

D「船ねぇ、トイレがないんですよ。」

悦子は仕方なく付けることにしたものの、
漁に備えて細身パンツをはいてきていた彼女は困った。
これではお尻デッカチでテレビに映ってしまう。
しかもジッパーも閉まらない。
考えに考え抜いた彼女は、
頭からかぶるポンチョ型の合羽を着ることにした。
閉まらないパンツはガムテで留めた。
とても美しい格好である。

よーやく準備が整って出航。
よく荒れる海で少し船酔いしたものの、
漁の取材は滞りなく進んでいた。
そのロケも中盤に差し掛かった頃、
事件は起こった。

ぎゅるぎゅるぎゅる~。

彼女の下で何かが鳴った。
正確には彼女の体の中の下のほうで。
まだ寒い時期の海、お腹が冷えたのか、
それとも昨日のツマミのイカサシがたたったのか、
とにかく急激に活動を始めたお腹は止まらない。
運転席以外の唯一の個室であるエンジンルームに飛び込んだ彼女は、
ものすごい爆音のなか目的を達した。
そして絶妙のタイミングでDが投げ入れた新しいオムツを装着。
一見落着である。

しかし何事もなかったように甲板に戻った悦子に、
さらに〝過酷な運命〟が待っていた。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-09-07 00:09 | そのほか

星野巨人は決定的!?

とうとう読売が星野氏に、正式に監督就任要請をしたようだ。
前に書いたとおり、とても複雑な気分。
詳しくは書けないが聞こえてくる話では、
おそらく星野巨人は実現する。
問題は、これを期に読売が本当に変われるか、
日本プロ野球が本当に変われるかだ。

伝統伝統とうるさいOBの声を押し切ってまで、
初の外様監督を迎える覚悟は大変なものがあったとは思うが、
そこで終わっては今までの4番バッターかき集め体質と何も変わらない。

お客を楽しませ、興奮させ、
また見たいと思わせるようなボールパークを実現してほしい。
そしてまた、野球結果に一喜一憂する毎日が戻ってくることを祈っている。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-09-05 10:27 | そのほか


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧