放送局の裏の裏。



<   2005年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧


一方的記事を鵜呑みにするのは間違いだ…の続き

ちょっとバタバタしていて、
先ほどの記事が途中になってしまった。

村上氏が何を言ったかは定かでないし、
彼の人柄を直接知らないので、
スタッフ側から今回の事件を見てみよう。

現場でディレクターをやっていると、
いろんな人に話しかけられたり、
注意をされることもある。
もちろん迷惑をかけることもあるが、
そのときはまず「すいません」から入る。
怒りを感じることもあるが、
それを抑えてロケをうまく回すのがDの仕事だ。

逆にタレントがおかしい場合も、
その暴走を止めるのもDの大事な仕事だ。

今回現場Dが犯した失敗は、
・被害男性への配慮が欠け、事を荒立たせてしまったこと
・村上氏を抑え切れなかったこと
この2点だろうと思う。

それは素直に反省すべきことだし、
迷惑をかけた方々には謝罪すべきだと思う。
ただこの記事の内容には、疑問を感じる点がある。

例えばこれ。
スタッフに囲まれて『監禁』されたとの表現があるが、
それには誤解があるのかもしれない。

記事によると、

「暴言に話し合いをしようとしたが、
前に行こうにもスタッフが(体を)押さえたり、
手を引っ張ったりしてさえぎった」(男性)と、
約10分も“監禁”された。

タレントに近づく人にはいろいろいて、
襲いかかったり、
言いがかりをつけたりするような"変な奴〟もたまに出てくる。
ちなみに俺も、
女性タレントに抱きつこうとした輩を引き離そうとして、
殴られたことが一度ある。

そのため現場で働くスタッフには、
事務所から預かっている大切な商品であるタレントを、
その"変な奴〟から守るという意識が徹底されている。

今回の場合で言えば、
"変な奴〟がタレントに詰め寄っていると見えたのではないだろうか。

先ほどの引用をもう一度。

「暴言に話し合いをしようとしたが、
前に行こうにもスタッフが(体を)押さえたり、
手を引っ張ったりしてさえぎった」(男性)と、
約10分も“監禁”された。

スタッフ側から見ると、
押さえたり、引っ張ったりしなければいけないほど、
切羽詰った状況だったとも読める。
そうだとすると、
村上氏の暴言に激昂した被害男性の勢いが、
スタッフが彼を押しとどめる原因になったということだろう。

そういった被害男性の精神状態や、
スタッフ側の状況に言及していないのは、
公平な記事とは言いがたい。

これは1例ではあるが、そういうことから考えても、
被害男性の視点から書かれたこの文章を、
そのまま受け入れるのは間違いだと思う。

こういった記事を見て感情的になるのは簡単だけど、
少し距離を置いてはじめて、
見えてくるものもあるんじゃないだろうか。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-10-19 00:40 | テレビ

一方的記事を鵜呑みにするのは間違いだ

吉本タレント、世界遺産で大暴走も反省なし(夕刊フジ)

この番組の視聴率は10.3%。
放送前にこの事実が明らかになっていれば、
もっと高い視聴率、または放送中止のどちらか、
いずれにしても極端な結果が出ていただろうに、
放送後の発表はちょっとオモシロくない。

おそらく謝罪のときに、
オンエアまでは発表しないという契約をし、
今日男性側から発表されたと思われるが、
よみうり・吉本側にうまくやられたということだろう。

村上ショージ氏やワイズのスタッフが、
モメゴトを起こしたことは確かなんだろう。
ただ、一方的に〝被害〟男性側から書かれたこの記事を、
鵜呑みにするのは間違いだ。
テレビ・ラジオの番組内容もまた然り。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-10-18 18:11 | テレビ

視聴率から考える・・・プレーオフ人気はホンモノか?

マメに更新をしている人ってのは、
なんてスゴイんだろう!と実感する今日この頃。
ほぼ毎日以上更新している人は、
世の中にたくさんいるんだろうけど、
それを継続していくことはほんとに大変だろーな。

改編が終わって2週間ちょっと、
出張続きで自席に座っていることのほうが短い状態が続いて、
こりゃ大変だと実感した。
言い訳ちっくだけど・・・。

さて昨日のパリーグ覇者決定戦。
テレ東系での中継だったが、

<関東>
  17.0%
<関西>
  15.3%

と、大いに盛り上がっていたようだ。
そういう俺は見られずに、
会社でも取り残された感ありありなんだけど。

盛り上がった要因としては、
今年旋風を巻き起こしたロッテが出ていたこと、
第2戦・ホークスの9回2アウトからのミラクル大逆転、
最後の最後までわからない緊張感ある試合展開、
タイガースの相手が決まるという試合であるということ(特に関西)、
などの要素が挙げられるだろう。

どれもタナボタ的であることは否めないが、
ファンを楽しませてくれたことは確かだ。

個人視聴率では、
M1、M2、M3ともにペナントレースと比較するとかなり高い。
特に30代男性が高く、
本来野球好きなこの層は、
おもしろい野球をすると興味を持つことがわかる。

そのあたりから考えると、
いまだにプロ野球には人を惹きつけるパワーが残っていて、
それを十分に生かした結果が昨日の視聴率だったと言える。
逆にここまで条件が揃っていながら、
17.0%しか取れないという考え方もあるだろうが、
3%や4%が当たり前のパリーグ中継でここまで取れれば立派だろう。

セリーグがプレーオフを導入するという話もある。
プレーオフ自体の是非は置いておいて、
条件さえ整えば注目が集まることは確かだ。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-10-17 16:07 | テレビ

【マスコミ就職活動】カラ自信が自分を救う

3年生の11月頃にあったNHK‐CTI日本語センターの講座では、
講師と模擬面接をする様子をビデオに収め、
客観的に面接中の自分を見ることで、
目線の動かし方や話し方の弱点を知ることができた。

12月頃に俺が主催したオフ会では、
局に内定した先輩や代理店で働いている方を招いて、
酒を飲みながらいろいろと話を聞いた。
その先輩たちとは今でもお世話になっているし、
そこで出会った仲間が他局に入り、
いろいろと情報交換もしている。

年が明けて就活真っ最中の2月頃のNHKの講座では、
200人くらいいる中でいきなり名前を呼ばれ、
壇上で模擬面接をされた。

その頃には面接で自分がしゃべるべき内容と、
話の流れをいかにその内容に引き込むかということが
ある程度見えてきていたこともあって、
緊張しまくり、手に汗握りまくりの中でも何とか言いたいことが言えて、
5人やった中で一番の評価をもらうことができた。

調子ノリの俺としては、
ここで完全に勢いだけの自信を得た。
短期決戦の就職活動には、この自信がとても重要なのだ。
なんでもいいから自信を持てば、
数分の面接でそれがホンモノかどうかを見破ることなんてできない。
面接官をした経験からもそう実感する。
就活講座で得た俺の自信は今から思えば〝カラ自信〟だったが、
立派?に通用したのだから。

そのカラ自信を見に付けられたのは、
就活講座を徹底活用して場数を踏んだことが大きい。
次回はそれについて思い出してみようと思う。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-10-13 00:11 | 就職活動

視聴率調査・新規参入の影響

視聴率調査に新しい会社が参入するとの記事。
ケーブルテレビのジュピターテレコムが、
加入者から選んだ世帯でBS、CSを中心に調査するという。

テレビ放送がさらに視聴率重視になってきている現状からも、
過去にはアメリカのニールセンと日本のビデオリサーチが並立し、
両者の数字には明らかに差があったことからも、
現在のビデオリサーチ独占状態は明らかに不適切だ。
こういった新規参入は歓迎したい。

ただ、ジュピターテレコムのベースはケーブルテレビであり、
調査の対象はBS、CSである。
記事では地上波の数字も出せるとのことだが、
ケーブル視聴者には難視聴世帯以外にマニアックな視聴者も含んでおり、
通常の地上波視聴者とは性質が異なる。
また、BSはまだしも、
ペイチャンネルであるCSにどれだけ視聴率が必要とされるかも不明である。

そういう事情から考えると、
今回の参入はあくまで参考資料がひとつ増えるだけで、
テレビ業界に与える影響は大きくないと思われる。
いまは構想での発表だが、
正式参入後、どこまで話題をもたらすことができるか。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-10-12 00:06 | テレビ

【マスコミ就職活動】就活仲間の重要性

初めて参加した勉強会で味を占めた俺は、
自分でもオフ会や講師を招いての勉強会を開催したり、
目に留まる就職講座や勉強会に参加しまくった。
なにせ同じ目標を持った人々が集うので、
とても有意義で楽しい時間が過ごせるのだ。

一番楽しかったのは、友達がドンドンできること。
熱意を持って参加する人が多く、
高いレベルで切磋琢磨しあっていた。
俺もなんとかそれに付いていこうとしているうちに、
自分の武器をブラッシュアップしていくことができた。

そしてマスコミ志望はなぜか、かわいい女の子が多かった。
今までのコンパでは、いやいや、
今までの大学生活では会えなかったような仲間がたくさんでき、
楽し~い時間をすごすことができた。

そんな中でも前述のRくんとは何度も出会い、
夢を語り合い、就活情報を交換しあった。
有楽町マリオン前で、4時間くらいだべっていたこともあった。
彼はとても明るく前向きで、俺の辞書にはない言動をする奴だった。
その姿勢に刺激を受け、励まされ、やる気をもらっていた。
落ちたり受かったり、上下を繰り返す苦しい精神状態の中で、
テンションを最後まで保てたのは、
彼の力が大きかったと思う。

そんなことからも、
就活仲間は何をおいても作るべきだと思う。
俺は私は、一人でも十分やっていけるという人もいるだろうが、
少なくとも損にはならない。
まず就活の最初に、就活仲間を作ることをオススメする。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-10-11 00:11 | 就職活動

【マスコミ就職活動】続・就活での貴重な出会い

当日行ってみると、
大きな会議室に横長のコの字に整えられた机。
リクルートスーツ姿がズラッと並んだ光景は、
気のちっちゃい俺にはかなりの圧迫感だった。
みんながデキル人風に見えてしまい、

「希望の会社に入るには、こんな人たちと競わなきゃいけないんだ・・・」

と、始まる前から戦意喪失状態だった。
ここに来るまでの「何かを掴んで帰ってやる」という意気込みは、
いったいどこにいったのか。

「じゃ、自己紹介から始めようか」

特に前置きもないまま、いきなり始まった。
座席順からみると、俺は4番目あたりにまわってくる。

「うっわーやべー、なにも考えてないよ!」

展開にまったくついていけない俺。
とりあえず名前や学校、
中学の頃から放送局を目指していたこと、を話したような気がする。
緊張で何をしゃべったか覚えてなかった。
サイテーだ。

ほかのみんなの内容を聞いていると、
この堅い空気の中で笑いをとる人や、
感心してしまうくらいしっかりしている人もいて、
やっぱり一筋縄じゃいかない感じ。
ちょっと自己嫌悪に陥り、
講師の講評もよく耳に入らない感じだったそのとき。

「Rくんとdrive-2-ikoくん、
 彼らは名前が珍しいから引きがあるよね」

2つの驚き。
ひとつは、名前が珍しいことがウリになるということ。
まったくもって俺の実力とは関係ないんだけど、
たまたま持っている名前が武器になるということがわかったのだ。
テレビ・ラジオが好きであるということ以外、
なんの武器もないと思っていた俺にとって、
就活で初めて第三者から認められ、
自信というものがほのかに芽生えた瞬間だった。

そしてもうひとつは、
一緒に取り上げてもらったRくんが、
MLでちょくちょく見ていた名前だったこと。
かなり個性的な人で、オモシロイことを書いていたので、
印象に残っていたのだ。
それは向こうも同じだったらしく、
勉強会が終わった後、どちらからともなく話しかけた。
それは、就活という長く険しい道を乗り越える原動力となった、
心強い仲間との出会いだった。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-10-10 17:10 | 就職活動

【マスコミ就職活動】就活での貴重な出会い

前回から話は飛ぶけど、
3年生の夏ごろから、
本格的な就職活動がスタートした。

それまでの2年間でやったことと言えば、
・バイト先(放送局)で話を聞きまわる
・小論文を書きまくる
・ネタ作りと称して遊びまくる
というくらいだったから、
何もしてないに等しい。

そんな俺が始めたのが、
今はあるのかわからないけど
『JOBWEB』というところのML。
その頃はまだwebを利用した就職活動の創世記だったので、
利用者数もそんなに多くはなく、
俺が入っていたマスコミML、TVMLはほんの200人ほどの所帯だった。

そこでは毎日熱くマスコミへの思いが交わされていて、
各企業の情報交換をしたり、議論したり、励ましあったり、
それまでの俺ではあまり考えられないような濃い人間関係があった。

またそこには何故か、テレビ局に勤める方や代理店に勤める方もいて、
無我夢中の俺たちのために勉強会を開いてくれたり、
俺たちでは到底及ばないような考え方を披露してくれたりもした。

そのMLで10月くらいだったかのある日、
ある代理店の方が勉強会やるよという話が出た。
先着30名くらいだったか、
とにかく急いで応募して、
なんとか参加できることになった。

そこで俺は、とても貴重な経験と出会いに恵まれることになる。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-10-09 01:02 | 就職活動

電車男に赤いシリーズ…特番ドラマ視聴率

「電車男」のヒットに気を良くしたフジテレビが、
この改編期の特番として鳴り物入りで編成した「ギター男」。
そのオンエアが昨日あったんだけど、
ハッキリ言って内容は薄く、
「電車男」の総集編に毛が生えたようなものだった。
そして数字はこれ。

10/6(木)22:00~23:30
「電車男・もう一つの最終回SP」・・・15.6%

あの内容でここまで取るとはさすがと言うべきかもしれないが、
横並びが日テレ「芸能人社交ダンス部」の19.3%に完敗して2位と、
決して満足のいくものではない。

そして昨日書いた
TBSが強行策に出てまで数字を上げようとした「赤い運命」の最終回。

10/6(木)21:00~22:54
「赤い運命~最終話~」・・・11.7%

初日から11.5→9.6→11.7。
しかも年齢構成も3日間まったく変化ナシ。
再放送を強行した日の夜は9.6、
最終的にもこの結果ということで、
視聴者を犠牲にしてまでの緊急編成は、
意味がなかったというしかない。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-10-07 10:47 | テレビ

ラテ欄の重要性

TBSがラテ欄に掲載された番組を急遽変更し、
視聴者から苦情が殺到したらしい。
それも『赤い運命』の数字が悪く、
なんとかテコ入れしたかったというのが理由だそうだ。
思うように視聴率が伸びないTBSの焦りが見える。

問題は、視聴者不在の編成をしてしまったことだ。
どこの局でも年に1度くらいは間違ったラテ欄を掲載してしまい、
「間違ってました、ごめんちゃい」とスーパーを入れることはあるけど、
それはあくまで意図しない間違いの訂正。
同じ謝罪でも確信犯のTBSとは違う。

いくら不測の事態とはいえ、
自社の都合で意図的に放送内容を変更するなんてありえない。
ラテは視聴者との契約。
それをわざと破棄するなんて、
ただでさえ薄まっているTBSと視聴者の信頼関係に、
自らトドメを刺したともいえることだと思う。
視聴率は上げようと思ってしたことかもしれないが、
それによって逆に視聴率が下がるなんてことがないといいけど。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-10-06 12:52 | テレビ


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧