放送局の裏の裏。



<   2005年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧


【マスコミ就職活動】就活の基礎ができたアルバイト

どういうのが就職活動?って言われても困るんだけど、
就職に向けた準備を含めると、
俺が就職活動を始めたのは1年の頃、
放送局のバイトで、ということになる。

放送局に入るための準備をしたいと意気込みだけはありつつも、
OB訪問とかしようにも、
大学入りたての俺にはコネはないし、知識もない、
おまけに常識もないという有様だったので、
なかなか動き出せなかった。

大学の放送部的サークルに放送局バイトがあることは聴いていたので、
「じゃ、放送局でバイトしたらいいんじゃないの?」
と短絡的思考で、とりあえず内容も確かめずに入ってみた。
結局そのサークルに4年間居ついてしまい、
とてもいい経験をさせてもらったんだけど。

するとなんと、オイシイことに入部早々某局から募集があった。
徹夜の報道バイトはちょっとヘビーそうだけど、ちゃーんす!
募集人数は2名。
1年生の希望者は10名。
ハイっ~ジャンケン大会スタート!!

♪じゃんかジャンカじゃんかジャンかジャンケンホイっ!
アイコ!

♪ジャンケンホイっ!
アイコ!

10名でジャンケンなんてアイコじゃないほうが奇跡だろ、
とそれを命じた先輩を恨みつつも、
俺の人生で一番気合の入ったジャンケンはアイコを6回ほど続けた。

そして7回目のジャンケンホイっ!
俺はチョキ。
隣のS君もチョキ。
ほかの奴らは…なんとみんなパー!!

なんとこの1発でバイト決定。
そのときは喜びすぎて何も考えられなかったけど、
いま考えるとすごいラッキーだ。
このバイトが俺の就活の基礎になったことを考えると、
本当にラッキーだったと思う。

バイトの内容は、主に照明係。
夜10時から朝8時まで待機し、なにか事件や事故があれば、
記者やカメラマンと共に現場に出かけていく。
当然ヤバイもんもいろいろと見ることになる。
ここには書けないようなことがたくさんあって、
おかげで大抵のものには驚かなくなった。

就活に役立ったのは待機中や、現場までの移動時間。
なにせ局の人間が周りにいっぱいいるのだ。
仕事そっちのけでいろんな人にいろんなことを聞いてまわった。
なぜこの業界に入ったのか、仕事で楽しいことは?、
逆にツライことは?、学生時代はどんなことしてたのか、
などなど、顔を見る人すべてにねちっこく聞いた。
おかげで皆さんからは「尋問バイト」と覚えてもらえた(笑)し、
そしてますます、放送局に入りたい気持ちが強まった。

OB訪問も俺の尋問も、内定に直結するものではない。
でも、モチベーションを上げたり、
業界の空気が自分にあっているかを判断する材料になる。
俺はそれを食傷になるまでやった結果、
放送業界は自分に合っていると実感した。
意気込み倒れになりそうだった俺が、
その後の3年弱テンションを保てたのはこのバイトがあったからだと思う。
まさしく俺の就活の基礎になった経験だった。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-10-05 02:16 | 就職活動

【マスコミ就職活動】あの頃も楽しかった

OB訪問の電話がかかってくるようになると、
秋になったんだなぁと気づくここ数年。
10月に入り、今年も就職活動が活発になってきた。

俺たちの頃(6年前)は、
大学3年の年明け1月ごろの面接スタートだったけど、
最近はもう始まっているところもあって、
年々すごいスピードで時期が早まっている。
就活する学生もますますタイヘンだ。

でもテレビやラジオを目指す学生にとっては、
それくらい先を見越して自分で動くパワーや、
いろんな情報を逃さない集中力は欲しいところ。
情報を発信する側になるんだから、
周りの流れに乗るだけじゃ何も始まらない。

そういう俺も就職活動中、
ボーっとしててうちの会社を受け損ねかけたっけ。
だから偉そうなことは一切、言えない。
でも、就職活動はとても楽しいことばかりだったし、
OB訪問希望の子に聞かせてと言われたこともあって、
ちょっと思い返してみようと思う。

今日は、就活に入るまでのバックボーンを少々。

もともと俺は小さい頃からテレビが大好きだった。
外で泥んこになるまで遊んだ後は、
7時台のアニメからずーっとテレビの前に釘付けだった。

それがひょんなことから中学受験をすることになり、
「テレビ見れないならラジオを聴こう」と、
今度はラジオに夢中になっていった。

中学に入ってからはさらにテレビ・ラジオにのめり込んで、
勉強そっちのけにして見入り、聞き入るようになった。
おかげで中学入試の順位では上位だった成績も、
下から1割に入るまで落ち込んだけど…。

その頃から「将来は絶対テレビ・ラジオに関わる仕事がしたい」
と思うようになった。
そして大学も「放送局に入りやすい大学」を選んで、
カッコ悪いけどマスコミ塾みたいなところにも通い、
万全の体制で就活に望んだ…はずだった。
でもホントの就活はそんなに甘くはなかったのだ。

ほかの記事も間に挟まってくると思うけど、
そのあたりを今後書いていこうと思う。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-10-03 20:48 | 就職活動

阪神優勝の東阪格差

ちょっとバタバタしていて書けなかった。
いまさらな内容になってしまうけど、ご勘弁を。

タイガースが優勝した。
中継などを見ていると、
フェンスができたという道頓堀川にも飛び込んでいたり、
ビールかけをするファンがいたり、
相変わらず熱狂的だ。
関西のテレビ各局は朝まで優勝特番を編成していたようで、
まったく通常どおりの東京とのギャップに驚く。

視聴率にもやはりギャップがあるようで、
昨日の日テレと読売(大阪)の数字にもそれは表れていた。

9/29(木)
日テレ(東京) 12.2%
読売(大阪)  23.6%

ほぼダブルスコア。
さすがだけど、ちと低い。
その1日前の水曜日、
以前ここにも書いた関西ローカルオンリーのタイガース戦中継、
この数字を見てみるとなんと、

9/28(水)
朝日(大阪) 25.4%

関西ローカルでは優勝の試合より、
優勝前日の試合のほうが高いのだ。
これはなぜ?

忘れていた。

関西には男気のあるテレビ局『サンテレビ』があったのだ。
なぜ男気かと言うと、
阪神タイガースの試合をほぼ全試合完全中継するという、
非常にカッコイイ編成をしているから。
平成4年にあった6時間26分のプロ野球最長試合T-S戦も、
唯一完全中継した独立U局だ。

そのサンテレビが読売のウラで阪神戦を中継していたのだ。
で、サンテレビの数字は…

9/29(木)
サンテレビ(神戸) 14.9%

つまり29日の関西の数字は・・・

9/29(木)
関西 37.5%

ということになる。
BSもあるが、数字は出ないので却下。
それでも東京の約3倍、さすがの数字だ。

日本シリーズも東阪でここまでの格差になるのだろうか。
下手をすると、巨人が絡まない分さらに開くのかもしれない。
結果を見るのがちょっと怖い。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-10-02 13:49 | テレビ


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧