放送局の裏の裏。



<   2005年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧


トヨタカップとフィギュアスケートが語るテレビ界の現状

先週は注目のスポーツ特番が目白押しで、
視聴率はどーなんだろうと興味を持って見ていたんだけど、
世の中的には偏りがあったみたいだ。

◆サッカー・トヨタカップ2005
12/11(日) アルイテハド×アルアハリ 10.7%
12/12(月) シドニー×サプリサ      14.1%
12/14(水) アルイテハド×サンパウロ  8.6%
12/15(木) サプリサ×リヴァプール   9.9%
12/16(金) アルアハリ×シドニー    10.0%
12/18(日) サンパウロ×リヴァプール  14.6%

参考
◆トヨタカップ2004
12/12(日) ポルト×オンセ・カルダス 11.2%

視聴率的に言えば、トヨタカップは惨憺たる結果。
大会方式のリニューアルに伴い、
日テレが社運をかけてまで取り組み、
FIFA会長のお出ましまであった今年の大会だったが、
視聴率的には昨年と変わらず。
時事通信が携帯向けのニュース速報を打つくらいの一大イベントなのに…。

決勝だけを比べてみても、
昨年より格段にメジャーなチーム同士だったにも関わらず、
ワールドカップで直接戦う選手が多数出場していたのにも関わらず、
3.4%の微増。
日テレが投下したプロモ費用の割に合う結果ではない。

一方でフィギュアスケート。
最近スポーツコンテンツへの力の入れ具合がすさまじいテレ朝。
今回も期待通り、いや期待以上の結果を得たようだ。

◆フィギュアスケート・グランプリファイナル
12/16(金) ショート 20.8%
12/17(土) フリー  26.0%
12/18(日) エキシビジョン 22.2%

参考
◆グランプリ・NHK杯
12/3(土) フリー 14.7%

素直な気持ちは、
「フィギュアってこんなに注目浴びる種目だっけ?」。
個人的にはいつも見てはいたんだけど、
ここまで数字を取る種目ではなかったような…。

オリンピックという最大の舞台を控え、
安藤美姫の人気に加えて、
浅田真央という次代のスターの登場、
とすべてのタイミングが合った今だからこそ、
この数字が出たんだろう。

「サッカーワールドカップアジア最終予選」といい、
「熟年離婚」といい、
最近のテレ朝の『期を見る目』は素晴らしい。

ま、結果的には五輪代表決定が全日本にズレこんで、
フジテレビがオイシイ目を見ることになったのは、
これまでのテレ朝らしさでもあるんだけど(笑。

日テレの凋落、テレ朝の台頭、
という最近のテレビ界の縮図を見た先週末だった。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-19 16:13 | テレビ

彼の手は、温かかった。

仰木彬さんが亡くなった。
あまりにも早すぎる悲報に、
昨晩のニュース速報を入れる指示の、
俺の声は震えていたように思う。
言わずと知れた名将であり、
一度お会いした印象ではとても人間味にあふれた方だった。

中学・高校のころ、俺はオリックスのファンだった。
ブーマーや門田がいた時代は万年3位、
優勝なんて夢のまた夢。
高橋智や小川の全盛期も、優勝には届かなかった。
イチローも2軍で燻っていて、
よく授業をサボってそのプレーを見に行っていた。
そして仰木さんが監督に就任し、
イチロー、田口がレギュラーとなり、
がんばろうKOBEのスローガンでのリーグ優勝。
そして翌年の日本一。
仰木さんは俺の憧れだった。

昨年末、仰木さんの殿堂入りパーティがあった。
とてもありがたいことに、
仕事で会場にうかがうことができた。
イチロー、野茂、田口ら、大リーガーの面々、
野球界の重鎮の方々ら、
そうそうたるメンバーが顔をそろえていて、
仰木さんの人柄・魅力がそうさせるのだと感じた。

そして長年憧れていた仰木さんとお話をさせていただき、
ずっとオリックスファン、仰木ファンだったことを告げると、
「そうか、ありがとう」と言って握手をしてくれた。
その手は苦労を偲ばせるものではあったが、
大きく、とても温かかった。

オリ・近合併が決まったとき、
もうオリックスファンはやめた。
だけど仰木さんのファンだけはやめられなかった。
それはこれからもずっと変わらないだろう。

謹んで、ご冥福をお祈りします。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-16 11:25 | そのほか

モーグルからマスコミの弱点を考える

上村愛子選手がモーグルW杯初戦を欠場した
というニュースが流れていたが、
その裏で男子チームのエースが凄いことをやってのけた。

【ティーニュ(フランス)12/14共同通信】
フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)モーグルは14日、
当地で開幕し、
男子でベテランの附田雄剛(リステル)が
トップと0・01点差の25・63点で2位になり、
3大会連続となるトリノ冬季五輪代表に内定した。
附田の表彰台は2002年3月以来4季ぶり。

強豪USAチームを押しのけ、王者FINチームに食い込んでの2位。
これがもしオリンピックだったらスゴイ話題になっていたろうに、
現状ではハッキリ言って誰も知らないに等しいこのニュース。

モーグル男子はコンスタントに成績を残す選手がいない上に、
上村愛子選手、里谷多英選手があまりにもメジャーすぎることもあって、
ここまで話題になっていないから。
というか我々マスコミが話題にしてこなかったから。

これが一度オリンピックでメダルを取って、
その後の成績ならとても大きな扱いになっただろうに。
マスコミはきっかけ作りが本当に苦手なのだ。

附田選手はビジュアルも悪くないし、
波はあるものの今回のような爆発力もある。
しかも男子モーグルの迫力といったら、
失礼な言い方だが女子とは比べ物にならない。
イジリようによっては女子に匹敵する話題になる要素は十分ある。

それをうまく生かせないで、
きちんと伝えられないのは、
自省すべきところだと思う。

常に好成績を期待される人、
アイドル性がある人を取り上げるのはもちろんだけど、
そうでない人でも素晴らしい結果を残したときは、
大きなニュースとして扱うべきだ。

ほかにもアルペンの佐々木明、皆川賢太郎、
コンバインドの高橋大斗など、
トリノでメダルを取る可能性のある選手は多くいる。

でも彼らがいま世界各地を転戦していて、
好成績をあげていることをどれだけ伝えられているんだろう。

なにか大きなイベントがあるから、
目をむくようなどえらいことをしたから、
というような誰もがわかりやすいきっかけだけでなく、
今回の附田選手のように、
実はすごいことなんだよというような話題も、
ちゃんと伝えていかないといけないと思う。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-15 12:41 | そのほか

会社を辞めてM-1王者を目指す!

「NHK辞めてお笑いやります」 (Yahooニュース)

12/25(日)オンエアの「M-1グランプリ」で、
敗者復活戦からの優勝を目指すアマチュア漫才コンビ「さんだあず」。

コンビのどちらもテレビ局に勤めるディレクターなんだけど、
その片割れが会社から「M-1に出るなら処分する」と言われ、
会社を辞めたという記事が出ている。

懐のちっちゃいその会社とは、またもや登場NHK。
それくらい許してもいいのに…と思いきや、
そうとも言えない事情があるようで。
ちょっと知ってる人なので話を聞いた。

いまNHKは、ちっちゃくちっちゃくならざるを得ないんだと。
悪く言えば、視聴者みんながNHKの粗探しをするような現状で、
彼の出場を許したら何を言われるかわかったもんじゃない、
できるだけ目立たないように、
嵐が過ぎるまで静かにしていたいというのが本音らしい。

「他局の漫才の番組に出演するなんて、
『あんな局員を養うために受信料をはらってるんじゃない』
って怒られちゃうよ…。
しかも、ツッコミじゃなくてボケなんて!
うちの評判に関わる!!」

なんて言う上層部の心の声が聞こえてくる(笑。

でも、別に悪いことじゃないんだから、
堂々と出演させてあげればいいのにと思ってしまう。

事情は良くわかるが、

「こんな意気のいい若手がいることを、新生NHKを、
アピールするために目立ってこい!」

と余裕のある判断をする人がいてもいいよな。

ま、とにもかくにも退路を断った「さんだあず」。
本番が楽しみだ。

※「M-1グランプリ2005」
12/25(日)18:30~テレビ朝日系で放送予定
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-14 13:55 | そのほか

ラジオのワールドカップ編成

ワールドカップのカードと試合開始時間が決まった。
相変わらずブラジルとは縁があるもので。
個人的に予選リーグでイチバン見たいのは、
グループCのオランダ×アルゼンチン。
あと、グループBのスウェーデン×イングランドも見たいな…。
きっと睡眠不足の日々が続くんだろう。

ま、そんなことも言いながら、
来年6月の編成を組んでいる。
テレビはもちろんだけど、ラジオも日本の試合を放送するのだ。
日々の番組をどう切ってどう押しやるか、
交流戦中のナイターが延長したらどう対応するか、
などなど問題は山積みだ。


◆グループF・日本の試合日程(日本時間)

6/12(月)22:00 ×オーストラリア
6/18(日)22:00 ×クロアチア
6/22(木)28:00 ×ブラジル


そんなときいつも自分の中でか葛藤というか、
どちらかというと迷い、が出る。

例えば、野球を打ち切ってでも日本戦を頭からやると決めたとする。
世間的注目度から考えるとそうすべきだけど、
リスナーがラジオに期待していることは、
そんな世間の潮流に流されず野球を中継することなんじゃないか。
しかも、ワールドカップをラジオで聞く人がいったいどれだけいるのか。
テレビで見るのが常識で、
ラジオのセッツ(※)が下がるのは目に見えているこんなときこそ、
ラジオ独自の編成をすべきなんじゃないか。

  ※セッツ(セット・イン・ユース)
   全ラジオ機器のうちスイッチが入っている割合

そんな迷いを編成内部で議論しつつ、
方向性が決まっていく。

ラジオのワールドカップ中継は各局赤字覚悟でやるから、
かなりキツイはキツイ。
でも、タクシードライバーさんや電車に乗っている人などの、
テレビを見たくても見られない環境にいる人に向けて、
加えてサッカーをあまり知らないラジオリスナーさんに向けて、
ラジオの果たす役割はあると俺は思う。
だから、上の例に対する俺の答えは「やるべき」。

さてさて、我が局のワールドカップ中継はいかに。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-12 12:08 | ラジオ

今日も仕事で不健康♪

昨日久しぶりに早く帰ったので、
暇つぶしに体重計に乗ってみた。
ウゲッ、先月より2㌔増。
体脂肪率2%増。

何が悪かったのか、考えてみた。
11月は忙しかったな…
忙しかったから運動しなかったな…
しかも食生活が不規則だったな…
そういえば間食しまくってたな…

悪いことばっかりやんけ。
間食も、
某大手スナック菓子メーカーさんがスポンサードしてくれてる関係で、
スナックばっかりだった気がするし。

ヤヴァイ、このままでは向かいの席の先輩みたくなってしまう。
その先輩、入社当時はスリムでカッコイイ系だったんだけど、
いまではその面影すらない95㌔。

この業界には、そういう例が山ほどある。
みんな不規則かつ不健康な食生活が原因だ。
昼も夜もない職場だから仕方ないとはいえ、
自分のこととなるとちょっと考えなきゃな。

入社から5年、ずっと体重はキープしてきたけど、
そろそろ基礎代謝も落ちる年齢だ。
ちゃんと運動しようっと。

そう思って1階から10階まで階段を走りあがったら、
しばらく立てませんでした!!
トキ既に遅し。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-09 12:31 | 日々の仕事

浜崎あゆみの結婚報道ができない?


浜崎あゆみの婚約報道が封印された裏事情(EXCITE)


某芸能リポーターさんに言わせると、
「あゆの結婚は6-4くらいかな~」。
まあ、結婚が現実となればゲンダイのこの記事、
珍しく間違ってはいないことになる。
でも逆だと思うよ。

どちらかというと、エイベックスよりもジャニーズのほうが怖い。
それが事実だろうが憶測だろうが関係なく、
浜崎あゆみさんのフタマタということを報道するより、
長瀬さんがフタマタかけられて、しかもフラれたということを流すほうが、
100倍怖い。

当たり前だけど、エイベックスはレコード会社だ。
とても乱暴なまとめ方をすると、
局側としては曲をかけてプロモーションのお手伝いをし、
レコード会社側はアーティストを出演させることで、
お互い持ちつ持たれつの関係が成り立っている。

一方で有力芸能人を抱えている事務所は力が強い。
局側が気に入らないことをすると、
「タレント引き上げるよ」とプレッシャーをかける。
1局に出られなくなっても、
その分他局に出ればいいだけの話だから。
人気タレントが出てくれなくなったら、
番組の視聴率が下がるのは目に見えるから、
局としてはヘーコラするしかない。

ジャニーズはその辺かなり敏感で、
ちょっとしたことですぐに「指導」が入る。
しかも大御所から新進まで、
いまのラテを支えるタレントぞろいだ。
局としては絶対に関係を壊したくない。

だから番組でなかなかイジレナイ。
ラジオの中にはやってるところもあるんだけどね。

昨日のFNS歌謡祭。
ハイビジョンで浜崎あゆみさんを見た。
アナログでは耐えられても、
デジタルではそろそろキツイかと思う。
本当に、結婚にはいい時期かもしれない。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-08 11:47 | そのほか

【マスコミ就職活動】3局目の正直・事件の結末

いい湯につかり、うまいもんを食わせてもらい、
拘束旅行を楽しんだ俺は、
家路に着こうとしていた。

新幹線の駅に着くと、
付き添いの人事の人が言った。

「僕は別の用でここに残らなくちゃいけない。(←別の拘束でも?)
改札までは見送るから。
もう春休みだし実家に帰るよね。」

帰るよね。とは同意を求める言い方だが、
彼の口調には有無を言わさぬものがあった。
もしかして怪しまれてる…?
そこでふと大きな問題に気づいた。
俺、明日の面接へ行くには右のホームだよな。
でも、実家に帰れということは、
左のホームに行かなくちゃいけないんじゃないの!?

いまはもう午後7時。
明日の面接は朝9時。
一度実家に帰って、なんて悠長なことはできない。

仕方ない、頑張るか。
覚悟を決めた俺は、
結局ホームまで見送りに来た人事の人に笑って手を振り、
実家に帰る新幹線に乗り込んだ。

次に止まるのは1時間後。
折り返しの新幹線はあるのか。
ここで1万円を超える出費は痛いなぁ。

そんなん車掌に聞きゃわかるし、
今後の人生のために1万くらいどーってことないだろ、
といまでこそ思うんだけど、
そのときは不安でいっぱいだった。
なにより、最後までプレッシャーをかけられたことが
不安をあおったのかもしれない。

念のため、
もし連絡があったら「戻ってるけどいない」と言うように、
と新幹線の中から実家に電話しておいた。
さすがにそこまではなかったみたいだけど。
狐と狸の化かしあい。
なんて間抜けなことに力を使ってるんだろう。

結局、その日自宅に着いたのは11時を回っていた。
あまりにもアホらしくなってしまい、
ここまできたら完全にギャフンと言わしてやろう、
と開き直っていた。
明日の最終面接、絶対通ってやる、と。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-07 10:24 | 就職活動

【マスコミ就職活動】3局目の正直・裏では戦慄の事件が

3局目の面接を受けていたその時、
裏では某大手広告代理店の面接が同時に行われていた。

そう、それは最終面接だった。
あれこそがいわゆる「拘束」と呼ばれるものだったのだ。

3局目の4次通過が決まった翌日。
俺はその代理店の最終面接へと向かった。
面接といっても事務的な確認と上との顔合わせだけで、
実質内定だから…と事前に言われていたので、
ちょっとお気楽に足を運んだ。
それがまず間違いだった。

優雅で高そうなソファーのある部屋に通された俺は、
人事の人と偉い人の計2人を相手に軽く話をした。
言われたとおりまず「内定だよ」と言われ、
今後の説明と雑談程度で話は進む。
よっしゃ終わった、簡単でラッキーと思ったその時、
とんでもないカウンターパンチが飛んできた。

「で、君はほかにどこを受けているのかね?」

不意の質問に、思わず素直に答えてしまった。
放送局を受けてて、いま最終に残ってると。
俺はアホだ、まったくもってアホだ。
またしても不意のことにうまく対処できないなんて。

いままで穏やかだった偉い人の表情は、
一瞬で厳しくなった。

「その最終面接はいつなの?」

ガツーン。
いきなり核心を突く質問だ。
このままではヤラレル。
なんとかパンチを返さなければ…

「明後日です。」

咄嗟にウソをついた。
本当の日程は3日後だった。
ジャブ程度の必死の反撃だった。

「じゃ、明日からちょっと温泉でも行こう。空けといてね。」

聞けば明日、明後日の1泊2日で、
会社御用達の温泉があるから、とのこと。
よしっ、それなら3日後の最終面接に行ける!

「温泉いーっすねー、大好きです」

とニコニコしながら答える俺の心の中は、
別の意味でニコニコしっぱなしだった。
ジャブがこんなに効くとは、
夢にも思わなかった。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-06 12:24 | 就職活動

ガンバ優勝は関西サッカー人気の底上げにつながるか

ガンバ大阪が関西勢として初のリーグ優勝を、
劇的な逆転で飾った。
J創設当時は永島、磯貝、和田、本並ら素晴らしいメンバーと、
釜本邦茂という世界に名だたるストライカーだった監督を擁しながら、
常に下位をさまよっていたチームが、
12年という時を経てようやく栄冠を手にした。
そんなガンバに敬意を表して、
関西の盛り上がりを視聴率から検証したい。

12/3(土)はNHK総合でセレッソ、
BS1でガンバの中継が行われた。
残念ながらBSの視聴率は出ないので、
総合の数字を見てみよう。

◆12/3(土)NHK総合

<関西>7.6%
<関東>5.4%
 ※ハーフタイム3分間のニュースを除く番組平均視聴率

この数字が高いのか低いのか、
わかりづらいと思うので、
今シーズンのNHK総合Jリーグ中継の数字を振り返ってみよう。

◆2006シーズンNHK総合Jリーグ中継(抜粋)

                    関西/関東
3/5  マリノス×ジュビロ  3.6/4.5
3/12 セレッソ×マリノス  4.1/ナシ
4/9  レッズ×ガンバ 2.4/4.0
9/10 レッズ×トリニータ 2.3/3.3
9/17 アントラーズ×ヴィッセル 3.0/2.0
10/22 アルビレックス×マリノス 3.0/3.3
11/12 ガンバ×レッズ  4.8/4.6

開幕後初の関西チーム中継となった3/12は4.1%、
優勝間近の11/12には4.8%と高く出てはいるが、
優勝時はそれよりも3ポイント前後高く、
通常の中継と比較すると数字は2倍~3倍。
タイガースには程遠いとはいえ、
大阪勢の初優勝に注目度が高まったことがわかる。

エリア人口は1600万ほどだから、
この中継の視聴者数は約122万人。

通常の中継を見ている人たちを「関西サッカーファン」と仮定して、
その平均値2.9%から見れば、
75万人もの「これまでサッカーファンでなかった」人が優勝に注目し、
実際にテレビを見たことになる。

これにBS1での視聴も加わるわけだから、
サッカー不毛の地と言われた関西に、
ガンバとセレッソが起こしたムーブメントが大きかったことは確かだ。

人気ではまだまだヨチヨチ歩きの西のサッカー事情だが、
これを機に大きく育っていってほしいと思う。
それは今後のガンバ・セレッソはもちろん、
J2落ちのヴィッセル、J1復帰のサンガの頑張りにかかっている。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-05 17:34 | テレビ


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ご意見・ご感想・ご要望・
お叱り・苦情などは
tvradio@excite.co.jp
まで。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
over the cou..
from over the count..
website
from website
communicatio..
from communication ..
samsung i600
from samsung i600
fattest woma..
from fattest woman ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧