放送局の裏の裏。



当たりやすい応募の方法、教えます

番組をやっていると、プレゼントはツキモノ。
毎週のように何かプレゼントしてるし、
毎週のように当選者を選んでいる。
そんな時、やっぱり当てやすいFAX・ハガキ・メールがあったりするのだ。

他局で番組をやっているスタッフらと雑談しながら、
(雑談の9割はアホな話だけど)
プレゼント主催側から当たりやすい応募法を考えてみた。
懸賞やラジオ番組に応募するときに参考になれば。

①同じ番組に出しすぎない【ハガキ・FAX・メール】

 基本的に常連さんを選ばない番組が多い。
 プレゼントはリスナー集客の意味が濃いので、
 極端に言えばいつも出してくれる人には当てなくてもいいのだ。
その分メッセージを読んだり、コミュニケーションを図るほうを選ぶ。
 でも、たまにそういう人を狙って当てることもあるんだけどね。

②蛍光ペンは逆効果【ハガキ】

 懸賞マニアのおばちゃんに多いんだけど、
 蛍光ペンや色紙などで飾り付けしてるハガキがある。
 そういう人に当てても番組へのフィードバックは少ないので、
 あえて外すことが多い。
 目立たせすぎは逆効果でっせ。

③5円を惜しまないで【ハガキ】

 ②と根本的な意味は同じなんだけど、
 45円で買える広告付きハガキを使っている人は、
 懸賞マニアが多い。
 従って外すことが多くなっちゃうんだな。

④字はきれいに【ハガキ・FAX】

 誰だって、読みやすい字のほうが好感を持つよね。
 殴り書きのものと、丁寧なものを比べたら、
 絶対後者を選ぶ。
 汚い文字は「×」!

⑤複数枚出すときは日、投函ポストを変えて【ハガキ・メール】

 よく複数枚送ってくれる方がいるんだけど、
 そういうハガキって絶対何枚も重なって届くので、
 まとめて1枚分とカウントされてしまうことが多い。
 どうしても欲しい物のときは、
 日を変えて、投函するポストも変えて出しましょう。
 メールの場合は送信者でフィルタをかけるので、
 別のアドレスから出すしかないっす。
 
⑥FAXは太文字で【FAX】

 FAXで出力されたものって、
 細い文字はつぶれて見えないことが多いんだよな。
 走り書きや筆記体で書かれてるものとかも同様。
 太い文字で、大きめに、丁寧に書いてあるものがgood。
 出演者も読みやすいし、プレゼントも当てたくなる。

⑦FAXは上にコメント、下に希望【FAX・メール】

 プレゼントのために送りました!って前面に出ている応募より、
 テーマにあった話題や番組の感想などを書いた後に、
 付け足しのように「デジカメ希望」と書いてあるほうが、
 印象がいい。
 メールには特に言えるけど、
 プレゼントの希望だけ書いてもなかなか当たらない。

⑧当たり前だけど、プロフィールはキチンとウソなく【ハガキ・FAX・メール】

 氏名・〒・住所・年齢・電話番号などのプロフィール、
 意外と抜けている人が多い。
 発送のときに困るから、
 せっかく選ばれてもボツになってしまうことがあったりする。
 あと、明らかに偽っているモノもすぐにバレる。
 親が子供の名前で応募したりとか…。
 このあたりはキチンとホントのことを書いてほしいな。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-09-13 14:15 | ラジオ
<< 来年ブレイクする女優は・・・ 選挙特番…視聴率のウソ。 >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31