放送局の裏の裏。



西遊記の視聴率は大きく動く

「西遊記」がフジ歴代4位の初回視聴率を出した。
その数字は29.2%。

ちなみにベスト3は01年「HERO」で33.4%、
97年「Love Generation」で31.3%、
96年「ロングバケーション」30.6%。

オリコンの冬ドラマ期待度ランキングでも1位。
順当ではあるが、なかなかすごい結果ではある。


個人視聴率を見てみると、
C、T、M2、F2(※)が圧倒的に数字を稼いでいる。
世代で言えば、主に10代と40代。

10代以下には、あのアニメのような内容がウケたということだろう。
M2、F2は、
前作が放送された1978年から79年には7~22歳。
今回圧倒的支持を受けたC、T層とまったく重なる。
あのころ「西遊記」にワクワクしていた世代が大人になり、
今回のリメイクを楽しみにしていた、という流れ。

10代以下は今後もある程度高い数字で推移するだろう。
だけど心配なのは、M2、F2。
あのころの鮮烈な印象をそのまま期待している人が多ければ、
今後数字はガタ落ちするだろう。
テーマといい、話の展開といい、あのころは真新しかったものでも、
いまやるには古臭さは否めない。
加えて、違ったテイストを持つキャストを素直に受け入れられるか。

フジの演出にもかかっているが、
過去の偉大な先輩に挑むのはなかなか厳しいんじゃないだろうか。
今後の数字に注目したい。

※視聴率用語
C・・・男女4~12歳
T・・・男女13~19歳
M2・・男性35~49歳
F2・・・女性35~49歳
[PR]
by drive-2-iko | 2006-01-10 15:29 | テレビ
<< 青木アナ、ラジオのみ降板 新年早々叩き起こされ >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31