放送局の裏の裏。



新庄問題のモンダイ

日本ハムの新庄選手がやることなすこと、
いちゃもんを付けられている。
そしてとうとう、今までやったことは全部禁止で、
言うこと聞かなきゃ退場となってしまったらしい。

これについてはほとんどのヒトが同じ意見だろうけど、
「そういう無粋なヒトが野球をオモシロくなくする」と思う。

きっと新庄選手は、
ファンに少しでも楽しんでもらいたい、
話題作って少しでも野球に注目してもらいたい、
と思ってやっているはずだ。

実際、札幌ドームでは何かやるごとに大盛り上がりだし、
こないだ阪神のユニフォ-ムを着た時だって、
それを目も前で見た友人が、
「自分も楽しかったし、スタンドは試合以上に盛り上がった」
と言っていた。
翌日の新聞でもいっぱい取り上げられて、
野球ファンでなくてもその話題は耳にしたと思う。

つまり、野球界の盛り上げという意味では、
新庄選手はエース中のエースなわけだ。

その活動を制限するとなると、
放送局が番組宣伝をやめてしまうのと同じで、
野球界は自ら首を絞めているように見えてしまう。

でもここまで来ると、
リーグや審判部が「ダメ!」というのも、
話題づくりのようにも見えてしまうけど…。

とにかく、新庄選手がこれに懲りず、今までどおり、
「違反」スレスレのところで我々を楽しませてくれるといいんだけど。
じゃないと、下降線の野球人気がさらに急降下していく気がする。
彼のやることを問題視することが問題だ。
[PR]
by drive-2-iko | 2006-05-25 11:17 | そのほか
<< 海猿を見てヒトコト ラテ欄の不思議 >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31