放送局の裏の裏。



NHK上層部の実態

Excite エキサイト : 社会ニュース

すっかり消え去ってしまったNHKの不祥事。
NHKの友人にいろいろ聞くけど、
やはり問題は山積みのようだ。

一番の問題点は、上と下の意識の差。
社員はかなりの危機感を抱いている一方で、
上層部は世間の評価を取り戻すことだけに必死で、
根本的な解決には興味がないらしい。

労働組合はここまできても危機意識のない上層部を突き上げようと、
視聴者の声を聞いてほしいという意図で、
社員の“実費”で視聴者に緊急アンケートを行った。
数万人の声をまとめて、
組合として経営側に手渡した。
が、「真摯に受けとめて新しいNHKを作る」
というコメント以外、まったく反応はなかったという。

尼崎の事故でのJRの古臭い体質や、
JALの旧JASに対する態度や事故の多発、
省庁内部でのものの決まり方や不祥事を見ていると、
古くは国に属していた組織は腐りきっている。
たぶん、組織としての問題だけで、
中の人間全部がおかしいわけではないと思うけど。

NHKもようやくそれが明らかになったというのに、
ほかのたくさんのセンセーショナルな事件が起きてしまって、
世間の注目が逸れてしまった。
そろそろ蒸し返すべき時期かもしれない。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-05-16 10:35 | そのほか
<< プロ野球解説のお仕事 くめさんの価値とは >>


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31