放送局の裏の裏。



2005年 12月 12日 ( 1 )


ラジオのワールドカップ編成

ワールドカップのカードと試合開始時間が決まった。
相変わらずブラジルとは縁があるもので。
個人的に予選リーグでイチバン見たいのは、
グループCのオランダ×アルゼンチン。
あと、グループBのスウェーデン×イングランドも見たいな…。
きっと睡眠不足の日々が続くんだろう。

ま、そんなことも言いながら、
来年6月の編成を組んでいる。
テレビはもちろんだけど、ラジオも日本の試合を放送するのだ。
日々の番組をどう切ってどう押しやるか、
交流戦中のナイターが延長したらどう対応するか、
などなど問題は山積みだ。


◆グループF・日本の試合日程(日本時間)

6/12(月)22:00 ×オーストラリア
6/18(日)22:00 ×クロアチア
6/22(木)28:00 ×ブラジル


そんなときいつも自分の中でか葛藤というか、
どちらかというと迷い、が出る。

例えば、野球を打ち切ってでも日本戦を頭からやると決めたとする。
世間的注目度から考えるとそうすべきだけど、
リスナーがラジオに期待していることは、
そんな世間の潮流に流されず野球を中継することなんじゃないか。
しかも、ワールドカップをラジオで聞く人がいったいどれだけいるのか。
テレビで見るのが常識で、
ラジオのセッツ(※)が下がるのは目に見えているこんなときこそ、
ラジオ独自の編成をすべきなんじゃないか。

  ※セッツ(セット・イン・ユース)
   全ラジオ機器のうちスイッチが入っている割合

そんな迷いを編成内部で議論しつつ、
方向性が決まっていく。

ラジオのワールドカップ中継は各局赤字覚悟でやるから、
かなりキツイはキツイ。
でも、タクシードライバーさんや電車に乗っている人などの、
テレビを見たくても見られない環境にいる人に向けて、
加えてサッカーをあまり知らないラジオリスナーさんに向けて、
ラジオの果たす役割はあると俺は思う。
だから、上の例に対する俺の答えは「やるべき」。

さてさて、我が局のワールドカップ中継はいかに。
[PR]
by drive-2-iko | 2005-12-12 12:08 | ラジオ


社会人7年目。放送局に勤務する日常をつづります。